空き家をリフォームする前に

空き家をリフォームする前に

空き家をリフォームする前に検討する必要があるのが、耐震性と国交省、市町村の補助金や節税対策があります。

リフォームした家に住む場合も、賃貸物件として貸す場合も、昭和56年5月31日以前に建てられた住宅の場合、耐震補強工事が必要です。

市町村によれば、
補強工事費用の半額(最高90万)の補助金制度があります。(賃貸物件は対象外)

ただし、事前に耐震診断の必要がありますが診断費用に対し9/10(最高9万)の補助金制度が用意されています。(賃貸物件は対象外)

リフォーム工事にあたって、新築工事の性能基準にある長期優良住宅と同等の性能を持たす工事をすることで、
所有者居住用、賃貸用それぞれに一戸当たり最高100万から200万の補助金制度があります。

また、それ以外のもさまざまな補助金制度、
節税制度もありますので事前に設計者、またはリフォーム業者に相談してください。